お金のこと

【知らないと損】病気やケガで会社を休んで給料が貰えない場合、傷病手当金の支給申請しましょう

2020年11月8日

お久しぶりです、こんにちは。うつ病で会社を230日休んでいる北関東めかぶ城下町です。
現在は会社の制度で欠勤だけど給料が貰えているのですが、先日、このような連絡が会社からありました。

会社
来年から給料が半分に減るからよろしくね。
な、なんだってー!?

こいつはまずいですね・・・。

ということで、病気やケガで会社を休んで給料が貰えない場合の保障について調べてみました。

病気やケガで会社を休んだ場合の保障

病気やケガで会社を休んだ場合の保障は大きく分けて2つあります。

  1. 「傷病手当金」
  2. 「労働者災害補償保険(労災保険)」

今回は「傷病手当金」について調べてみました。

労災保険については今回は割愛します。
傷病手当金が貰えなかった場合、また調べ直してみます。

傷病手当金とは

傷病手当金とは、一言で言うと、「療養中の生活保障」です。

以下、Wikipediaから引用です。

傷病手当金(しょうびょうてあてきん)とは、健康保険法等を根拠に、公的医療保険健康保険国民健康保険船員保険・各種共済組合等)の被保険者が疾病または負傷により業務に就くことが出来ない場合に、療養中の生活保障として保険者(全国健康保険協会健康保険組合等)から行われる給付(金銭給付)である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%B7%E7%97%85%E6%89%8B%E5%BD%93%E9%87%91

以下のリンクは、参考にした健康保険法第九十九条の項です。

傷病手当金が支給される条件

今回は「協会けんぽ」を参考にしていきます。

協会けんぽでは、傷病手当金が支給される条件は4つあり、全てを満たしたときに支給されます。

  1. 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
  2. 仕事に就くことができないこと
  3. 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
  4. 休業した期間について給与の支払いがないこと(ただし、給与の支払いがあっても、傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額が支給されます。)

僕の場合はすべてクリアしている、と、思われます。

傷病手当金が支給される期間

参考にした協会けんぽのサイトによると、傷病手当金が支給される期間は最長1年6ヶ月です。

傷病手当金が支給される期間は、支給開始した日から最長1年6ヵ月です。これは、1年6ヵ月分支給されるということではなく、1年6ヵ月の間に仕事に復帰した期間があり、その後再び同じ病気やケガにより仕事に就けなくなった場合でも、復帰期間も1年6ヵ月に算入されます。支給開始後1年6ヵ月を超えた場合は、仕事に就くことができない場合であっても、傷病手当金は支給されません。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139/

支給される傷病手当金の額の計算

加入している健康保険組合によって違いますが、ここでも「協会けんぽ」の例を考えてみます。

一日あたり、
[支給開始日以前の継続した12ヶ月間の隔月の標準報酬月額を平均した額]÷30日×2/3
と、なっています。

簡単な例として、標準月額報酬を280,000円で計算すると、
一日あたり6,222円となり、月額186,660円となります。

まとめ:結果、いくら貰えるの?

※2020年11月15日に計算を間違っていたので修正しました。

ここでも単純計算でいきましょう。
一ヶ月の総支給額が280,000円貰えているとします。
これが来年から半分になるので、140,000円になります。
先程計算した月額186,660円よりも低くなったので、不足分の186,660円-140,000円=46,660円が傷病手当金として支給されます。
これで、ひと月に貰える金額が186,660円になりました。

これで、生活は少し苦しくなりますが、来年以降も治療に専念できることが分かり、ほっと一安心です。
申請を忘れたり、申請が通らなかったりしなければ、ですがね。

マジで忘れないようにしないと・・・。

追記2021年3月28日:傷病手当金が振り込まれました

申請からおよそ3週間ほどで傷病手当金が振り込まれました。

健保ににもよると思いますが、「支給決定通知書」が郵送されてきます。

中身を確認すると、振込日と振込額が記載されています。

今回は1月1日~2月28日の申請で、およそ270,000円の支給となりました。
1ヶ月あたり135,000円。
これだけもらえたら、固定費をまかなうのに十分ですね。

今日のククル

寝起きに失礼します

 

-お金のこと
-, ,

© 2021 めかぶログω北関東めかぶ城下町のブログω