生存戦略 転職の思考法

『転職の思考法』を読むと学べる6つのこと 4.「新卒で入るべき会社と、中途で入るべき会社の違い」

2020年12月14日

Photo by Weenail on Unsplash

こんにちは、北関東めかぶ城下町@mekablognetです。

今回も、『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法』という本を読んで学んだことを書こうと思います。

ちなみに前回の記事のリンクも貼っておくので、まだ読んでいない方はそちらも読んでいただけたら幸いです。


『転職の思考法』を読むと学べること

『転職の思考法』を読んで、僕が学んだことは以下の通り。

今回は、4.「新卒で入るべき会社と、中途で入るべき会社の違い」を深堀りして解説していきます。

  1. 「マーケットバリューとその高め方」
  2. 「仕事のライフサイクルと、これから伸びるマーケットを見つける方法」
  3. 「転職先となる会社の見極め方・いいベンチャーを見極めるポイント」
  4. 「新卒で入るべき会社と、中途で入るべき会社の違い」
  5. 「転職エージェントのビジネスモデルと、いいエージェントの五箇条」
  6. 「仕事における「楽しみ」と、好きなことを見つける方法」

新卒で入るべき会社と、中途で入るべき会社の違い

新卒で入るべき会社と、中途で入るべき会社の違いは次の3つです。

  1. 中途を生かすカルチャーはあるか
  2. 自分の職種が、会社の強み(エンジン)と一致しているか
  3. どんな人材でも回るビジネスモデルかどうか

それでは、今回もそれぞれ深堀りしていきましょう。

中途を生かすカルチャーはあるか

中途を生かすカルチャーがあるかどうかは、役員の出身を見れば分かります。

役員が新卒出身で占められている場合、恐らく中途で入っても役員にはなれない会社でしょう。

ちなみに、弊社の場合は、新卒も中途も最高で課長止まり、それ以上の役は、親会社からの人で占められていますヤバいですね☆

自分の職種が、会社の強み(エンジン)と一致しているか

自分の職種が、会社の強み(エンジン)と一致しているかどうかは、出世のしやすさに繋がってきます。

例えば、営業が強い会社は営業マンが出世しやすく、エンジニアが強い会社はエンジニアが出世しやすい、という事です。
逆に、営業が強い会社に営業以外の職種で転職すると、出世しづらい可能性があります。

会社の強みを知るには、自分が行きたい会社の商品やサービスに触れてみて、どこが好きなのか?をメモすると良いでしょう。
BtoBの企業は、経営陣や主要メンバーのバックグラウンド(前にいた会社や部署)を確かめれば何をエンジンとする会社かがわかります。

どんな人材でも回るビジネスモデルかどうか

人材を問わず成長するビジネスは会社としては強いですが、転職する側から見るとマーケットバリューは上がりづらいケースが多いです。

「それでも入社を希望するなら、一通り技術資産と人的資産を付けた上で、最初から高いポジションで入社すること。」
というアドバイスが本書には書かれています。

今回のまとめと参考書籍

  • 転職するなら、中途を生かすカルチャーがある会社を選びましょう
  • 転職するなら、自分の職種が、会社の強み(エンジン)と一致している会社を選びましょう
  • 転職するなら、どんな人材でも回るビジネスモデルではない会社を選びましょう

今回も『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法』を参考にして記事を書かせていただきました。

一応リンクを貼っておきます。

次回は、5.「転職エージェントのビジネスモデルと、いいエージェントの五箇条」について書きたいと思います。

今日のククル

ニャンモナイト

-生存戦略, 転職の思考法
-, ,

© 2021 めかぶログω北関東めかぶ城下町のブログω